ハイブリッドクラウドを阻む“見えない壁”―打破する方策と心得とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; ネットワーク機器 ; PC・モバイル機器 ; 周辺機器 ; データセンターサービス ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
サービス
製品の概要
ハイブリッドクラウドを阻む“見えない壁”―打破する方策と心得とは?

ハイブリッドクラウドを阻む“見えない壁”

打破する方策と心得とは?

 ビジネスの敏捷性をいかに高めるか――。クラウド関連の技術進歩と成熟度アップはIT基盤のあり方を大きく変えている真っ只中で、時代は今、「クラウドファースト」から「クラウドマスト」へと移りつつある。

 もっとも、すべからくパブリッククラウドへというのは時期尚早であり、オンプレミスの環境との連携、すなわち「ハイブリッド」が当面の現実解として目されているのは周知の通りだ。しかし、これとて簡単なことではない。適材適所で使い分けながら、データを含めて密に連携させるには、様々なテクノロジーやノウハウを投入する必要がある。

 ここで紹介する資料では、東京大学 情報基盤センター 准教授でWIDEプロジェクトに携わる関谷勇司氏と、日本ヒューレット・パッカードでクラウドの最前線を見ている酒井睦氏の2人が、ハイブリッドクラウドに立ちはだかる壁とそれを越える方策、そこでIT部門に求められる役割などについて、示唆に富む議論を繰り広げている。目下のニーズに応えるものとして、サーバーやストレージなどのITリソースを企業内に設置しながら従量課金型で利用できるサービスについて言及している点も興味深い。

 個別最適化したシステムの乱立による混迷、つまりは“サイロ化の悲劇”をクラウド時代に繰り返さないために今、どんなことを念頭に置かなければならないのか。Software-Defined(ソフトウェア定義)型へと進む大きな潮流の中、IT基盤のグランドデザインを描くヒントが凝縮されている。エンタープライズITに関わる全ての人にお勧めだ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
質量
筺体タイプ
OS
CPU
メモリ
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
回線情報
サービスメニュー
オプションサービス
その他特記事項