ハイパーコンバージドインフラの進化形「究極の統合インフラ」とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; ネットワーク機器 ; 仮想化 ; データセンターサービス ; IaaS・HaaS・PaaS ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
ハイパーコンバージドインフラの進化形「究極の統合インフラ」とは?

ハイパーコンバージドインフラの進化形

「究極の統合インフラ」とは?

 パブリッククラウドの利用が進む中、基幹業務システムに関しては今でもオンプレミス(自社運用)が優勢だ。構成要素となるシステムやDBの数が多く、かつ経営上最重要のデータを扱うため、コンプライアンス上、パブリッククラウドがはじめから選定候補から外れている企業も少なからずある。

 そこで企業のIT部門は、クラウド化しにくい基幹業務システムはオンプレミスのプライベートクラウドで運用し、迅速・柔軟なリソース調達が求められるシステムでパブリッククラウドを採用する「ハイブリッドIT基盤」を目指すことになる。

 ハイブリッドIT基盤でカギを握るのは、起点にして根幹となるオンプレミスのプライベートクラウドだ。その性能や信頼性が自社の基幹システムの安定稼働を約束し、柔軟な接続性がパブリッククラウドの価値をより引き出すからだ。

 その構築をいかに迅速かつ少ない作業負荷で行えるか。有効なソリューションとして、2年ほど前から事前設定済みの統合インフラ製品「ハイパーコンバージドインフラ」が注目されている。既存の製品はどれも仮想サーバー環境の迅速な構築に特化しており、ユーザーのニーズを“ほぼ充足”する仕上がりとなっている。

 この“ほぼ充足”を“完全に充足”に変えようとしているベンダーがある。ハイパーコンバージドインフラの進化形として「コンポーザル・インフラ」を提唱するヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)だ。HPEはその違いを「仮想サーバー環境に加えて、物理サーバーやDockerのようなコンテナ環境も混在可能な究極の統合インフラ」と説明している。

 本資料は、コンポーザル・インフラを具現化する製品「HPE Synergy」を取り上げ、従来のハイパーコンバージドインフラでは得られなかった導入メリットを詳しく解説している。ハイブリッドIT基盤の実現アプローチを探している担当者にご一読をお薦めしたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
質量
筺体タイプ
OS
CPU
メモリ
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
回線情報
サービスメニュー
オプションサービス
その他特記事項