ハイパーコンバージドインフラ導入の前に知っておくべき「5つの死角」

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; ネットワーク機器 ; 仮想化 ; データセンターサービス ; IaaS・HaaS・PaaS ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
ハイパーコンバージドインフラ導入の前に知っておくべき「5つの死角」

ハイパーコンバージドインフラ導入の前に

知っておくべき「5つの死角」

 ビジネスニーズに即応する弾力性や拡張性を備える一方で、運用管理に伴う手間ひまは可能な限り抑制したい──。企業IT基盤に求められる要件がますます高度化する中、有効策の一つとして高い関心を集めているのが「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)」の採用だ。

 一般的なIAサーバーの筐体の中に、仮想化を中核とするコンピューティングとストレージの最新テクノロジーを集約したHCI。とりわけ注目されるのが、SDS(Software Defined Storage)によって内蔵ディスクを仮想的に統合し、共有ストレージとして使うという斬新なアプローチだ。必要に応じて台数を増やせば、コンピューティング能力やストレージ容量といったリソースを簡単にスケールアウトさせることができるという特徴を持つ。

 企業がHCIの導入を検討するにあたっては、どんな点に注意を払うべきなのか。ここで紹介する資料では、(1)SDSがサーバーのCPUに過度な負荷をかけないか、(2)採用されているハイパーバイザや管理ツールは馴染みあるものか、(3)障害発生時に原因を特定するためのワンストップの窓口があるか、など5つのポイントを深掘りしつつ、それらを考慮した注目すべき製品の特徴を分かりやすくまとめている。まさに今、HCIの導入検討を進めているインフラ担当者はもちろんのこと、IT基盤に関わる最新のテクノロジー動向に関心を寄せるすべての人にお勧めの内容となっている。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
質量
筺体タイプ
OS
CPU
メモリ
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
回線情報
サービスメニュー
オプションサービス
その他特記事項