オンプレミスとパブリッククラウドの“いいとこ取り”を実現? IT投資最適化を実現するHPEの新ソリューションを徹底解説

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; ネットワーク機器 ; PC・モバイル機器 ; 周辺機器 ; データセンターサービス ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
サービス
製品の概要
オンプレミスとパブリッククラウドの“いいとこ取り”を実現? IT投資最適化を実現するHPEの新ソリューションを徹底解説

オンプレミスとパブリッククラウドの“いいとこ取り”を実現?
IT投資最適化を実現するHPEの新ソリューションを徹底解説

 新たなビジネスを支えるインフラリソースを柔軟に調達し、迅速にシステムを立ち上げ、そのサービスレベルを担保するための基盤として、パブリッククラウドへの期待が高まっている。

 しかし、パブリッククラウドを活用したいと考えても、セキュリティやガバナンスの観点から簡単に採用できないケースも少なくないが、パブリッククラウドの活用によりシステム構築のスピード感が変わった昨今、必要になった際にオンプレミスのシステムを一から構築していくのでは、多大な時間と手間を要してしまう。

 この課題に応えるべく、日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)がオンプレミス型従量課金サービスとして打ち出したのが「HPEフレキシブルキャパシティ」である。本ホワイトペーパーでは、その特長や活用のメリットを解説しているので、ぜひ参照していただきたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
質量
筺体タイプ
OS
CPU
メモリ
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
回線情報
サービスメニュー
オプションサービス
その他特記事項