DevOps分野の注目株「Ansible」の最新事例ファクトシート

レッドハット株式会社

製品カテゴリ
開発環境・言語・ツール ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
サービス
製品の概要
DevOps分野の注目株「Ansible」の最新事例ファクトシート

DevOps分野の注目株

「Ansible」の最新事例ファクトシート

 進化著しいICTを成長戦略の追い風にしようと、企業は今、新たな試みを矢継ぎ早に進めている。可能性のあるアイデアがあれば、いち早くシステムとして実装して市場に問う。その反応に照らして次善策を考えてチューンニングを施し、打ち手に磨きをかける――。こうした取り組みをいかに素早く回せるかが競争力を大きく左右することになる。

 事業部門が求めるスピード要件は厳しさを増すばかりで、インフラの運用管理を担うIT部門は様々な課題と対峙しなければならない。中でも構成管理に関わる作業を可能な限り自動化することは重要かつ不可欠なテーマであり、近年ではChefやPuppet、Ansibleといったツールへの関心がにわかに高まっている。これらの中でも、エージェントが不要なことや設定記述が比較的シンプルなことで注目を集めているのがAnsible。2015年にRed Hatが開発元を買収したことでも話題を巻いた。

 ここで紹介する資料は、そのAnsibleを導入した事例のファクトシート。DevOpsの具現化にあたりアプリケーションデプロイの簡略化やダウンタイムの最小化を課題としていた英AMELCO社が、Ansibleの採用によってどんな果実を得たのかが記されている。手を煩わせがちなインフラ運用の合理化策を検討している人、広くはデータセンター自動化に向けた情報を収集している人にお勧めの内容だ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項