「攻め」も「守り」も究めるデータ管理基盤とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
「攻め」も「守り」も究めるデータ管理基盤とは?

「攻め」も「守り」も究めるデータ管理基盤とは?

 企業にとって、データは“諸刃の剣”である。巧みな利活用を推し進めれば企業競争力を高めることにつながる一方で、管理が甘ければ情報漏洩や法令違反などの負のインパクトとなって経営を揺るがしかねない。デジタルテクノロジーの進化に勢いがついている今、どの企業も強く意識しなければならないのは、攻めと守りの両面でデータを意のままにコントロールする環境の整備だ。

 もちろん、これまでも様々な手を講じてきてはいるが、企業内のシステムは規模も複雑さも増す一方であり、思わぬ所に死角が広がっているとも言える。だからこそ、個人のPCや部署のファイルサーバーまでも視野に、一人ひとりの利便性は損なうことなく、きちんとしたガバナンスを効かせる仕組みが求められているのである。

 ここに紹介する資料は、データの管理や保護、ガバナンスの領域で長きにわたって実績を積み上げてきた日本ヒューレット・パッカードが、「企業価値を高めるデータ管理基盤のあり方」としてポイントをまとめたものだ。前半では、データの増大がもたらす価値とリスクを整理。続く後半では、コストとのバランスを考慮しながらライフサイクルに沿ってデータを管理することの意義と施策を展開している。インフラ担当者のみならず、データ活用のこれからを考えるすべてのビジネスパーソンにお勧めの内容だ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項