出所が異なるデータをうまくまとめるデータマッシュアップのすべて

Pentaho Corporation

製品カテゴリ
BI(ビジネスインテリジェンス)・データ分析 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
1000名以上
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
出所が異なるデータをうまくまとめるデータマッシュアップのすべて

出所が異なるデータをうまくまとめる

データマッシュアップのすべて

 データを分析してビジネスの次の一手に役立てようとする取り組みにおいて、今や、単一のデータソースだけを対象とすることは少ないのではないだろうか。例えばオンラインショップを経営しているならば、顧客管理システム/販売管理システムに蓄積しているデータや、Webサイトのクリックストリームデータなどを組み合わせ“個客”一人ひとりについの洞察を深め、友好な関係を築くことに努めなければならない。つまり、「より多くのデータソースを対象に、より多角度から分析を加える」ことが重要視されているのだ。

 もっとも、これは言葉ほど簡単なことではない。各システムは、最初から他との連携を視野に設計・開発されていることは希であり、データの管理方式も形式もまちまちだ。IoTやソーシャルなど、新しいタイプのデータがどんどん増えていることも、複雑さに拍車を掛けている。業務の現場にいるエンドユーザーやアナリストが必要に迫られてデータを収集して分析しても、品質や内容に不備があって誤った洞察を導いてしまうといったことが起こり得る。

 しかるべき効果を生むために、いかに合理的なデータ統合や配信管理の仕組みを整えるか――。これは、データを礎にビジネスの高度化を図ろうとする企業にとって切実な問題である。この資料は、データ分析基盤「Pehtaho」をベースに、「分析価値を最大化するデータマッシュアップ」のアプローチを丁寧に解説したものだ。ビッグデータを対象とするデータ統合、オンデマンドブレンディング、データ配信管理といったことに課題を感じている担当者にとって直接的な示唆に富む内容だ。これからのデータ活用高度化を検討する上で、是非、一読されたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項