反応速度が遅いアプリからはユーザーは立ち去るだけ、ユーザー体験劣化の検知が客離れを防ぐ鍵

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
反応速度が遅いアプリからはユーザーは立ち去るだけ、ユーザー体験劣化の検知が客離れを防ぐ鍵

反応速度が遅いアプリからはユーザーは立ち去るだけ

ユーザー体験劣化の検知が客離れを防ぐ鍵

 企業にとってアプリケーションは顧客との重要な接点だ。顧客が心地よく使えるよう、機能の設計やデザインに細心の注意を払っているという企業も多いだろう。ただし顧客にとっての使い心地、つまり「ユーザー体験(User Experience:UX)」を構成する要素はデザインや機能だけではない。反応速度もUXを構成する大きな要素の1つだ。現在のアプリケーションは、多数のインフラから構成されているため、多くの要因や競合などが積み重なることによって、反応速度の遅延といったUX上の劣化が起きることがある。

 顧客が、アプリケーションの反応が遅くなったと感じたらどうなるだろうか? 顧客はそれを教えてはくれない。何も言わず、ただ離れていくだけだ。アプリケーションの運用担当者や開発者が気付く頃にはもう手遅れ。一度離れた顧客を呼び戻すのは、新たな顧客を獲得するよりも難しい。

 顧客をつなぎとめておくには、アプリケーションを定期的にチェックし、「劣化」の兆しをつかんで、いち早く対処するしかない。ただし、人間の手で操作して調べても、劣化の兆しをつかむことはできない。人間がチェックして分かるようなら、劣化が相当進んでいると考えるべきだ。また、従来のインフラ監視を実施している場合であっても、UXの劣化まで検出できないケースも数多く存在している。

 ここで役に立つのがアプリケーションの性能をチェックするサービス「AppPulse Active」だ。事前に指定した操作を実行して、反応速度の推移を客観的な数値で示してくれる。日本ヒューレット・パッカードが提供するこの資料では、AppPulse Activeの活用法を解説している。アプリケーションの劣化で、顧客を逃してしまった経験のある方はもちろん、自社のアプリケーションには特別問題はないと思っている方にも強くお薦めしたい。アプリケーションの性能劣化を客観的な数値でつかむことの大切さを感じるはずだ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項