数あるハイパーコンバージド製品をどう選ぶ? 絶対外せない選定のポイント

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; ネットワーク機器 ; 仮想化 ; データセンターサービス ; IaaS・HaaS・PaaS ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
数あるハイパーコンバージド製品をどう選ぶ? 絶対外せない選定のポイント

数あるハイパーコンバージド製品をどう選ぶ?

絶対外せない選定のポイント

 企業の業務システムをパブリッククラウドで運用する例が増えつつある。しかし、コンプライアンスなどの問題で、パブリッククラウドでは運用できないシステムも存在するので、社内のサーバールームに「プライベートクラウド」を構築して、プライベートクラウドと併用する例も多い。

 このプライベートクラウド構築において大きな力を発揮するのが「ハイパーコンバージド」製品だ。事前検証済みの機器を垂直統合したコンバージドシステムの進化形に位置づけられるもので、ビジネスの要求に対して、迅速に仮想サーバーや仮想デスクトップを提供できる。しかも、ユーザーは箱から出して、すぐに使える。

 しかし、企業の情報システムがすべて仮想サーバーで動作するとは限らない。基幹となるシステムは、物理サーバーで構築したいと考える企業は多い。Hadoopのようなビッグデータを高速処理する環境は、物理サーバーでないと最大の性能を引き出せない。つまり企業の情報システムは、仮想サーバーと物理サーバーが混在することが多くなる。

 気をつけたいのは、数あるハイパーコンバージド製品の中には、仮想と物理、クラウドとオンプレミスが混在するシステム環境で、かえって運用管理の複雑化を招きかねない製品もあることだ。ハイパーコンバージド製品も、ほかの物理サーバーと共通した手法で管理できれば、維持管理の手間を省き、コストを削減できる。しかし、ベンダー独自の機器やソフトウェアを組み込んだものを採用すると、ほかのサーバーとまったく異なる方法で管理しなければならなくなり、手間やコストがかさんでしまう。

 日本ヒューレット・パッカードが提供するこの文書では、ハイパーコンバージド製品の選び方について、いくつかポイントを挙げて解説している。「社内に分散・点在している新旧の仮想化環境を統合したい」という方や、「パブリッククラウド上のシステムを、コンプライアンスに準拠した社内環境に統合したい」という方に一読をお薦めしたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
質量
筺体タイプ
OS
CPU
メモリ
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
回線情報
サービスメニュー
オプションサービス
その他特記事項