DevOpsの導入策やプロセスに悩んでいる方、必見!誰もがDevOpsの第一歩を踏み出せる“今すぐ実現可能なDevOps”のはじめ方とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
開発環境・言語・ツール ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
DevOpsの導入策やプロセスに悩んでいる方、必見!誰もがDevOpsの第一歩を踏み出せる“今すぐ実現可能なDevOps”のはじめ方とは?

DevOpsの導入策やプロセスに悩んでいる方、必見!

誰もがDevOpsの第一歩を踏み出せる
“今すぐ実現可能なDevOps”のはじめ方とは?

 ビジネスの変化・スピードに追従可能なアプリケーション/システム開発体制を築くべく、各プロセスの作業を自動化するツールが多数登場し注目が集まっている。この種のツールを適切に用いれば、開発やソースコードの修正からテストまでのプロセスが迅速に進む。結果、アプリケーションのリリースサイクルが短期化され、最終的な顧客体験・顧客満足度を高めてくれるのがご存じ「DevOps」。このアプローチの有用性は今さら言うまでもないだろう。

 しかし、理屈は分かっても実践が難しいのがDevOpsである。最大の課題は組織内各チームの「壁」「サイロ化」だ。例えば、あるプロジェクトチームは独自にツールによる自動化を進めているが、別のチームは着手に至っていない。また別のチームはSIパートナーの力を借りている、といった具合だ。これでは組織横断での統一的な作業プロセスを確立できず、DevOpsで目指す環境にはほど遠くなる。

 そこでHPEでは、DevOpsではまず第一歩として、手を着けやすく効果が出やすい開発から結合テストまでを効率化するアプローチを推奨している。開発~結合テストの効率化がもたらすメリットは、スピード向上や工数等の削減、あるいは網羅性の確保による品質向上など、ある程度目に見える形で効果を実感しやすい点だ。また、適用方法を工夫すれば短期間で実現することも可能になる。こうして効果が出やすい部分からスタートすることで、今後本格的にDevOpsを導入する際も社内のマネジメントを説得しやすくなる。これまでなかなか導入が進まなかったDevOpsの第一歩としては最適だ。

 本資料は、DevOpsの導入に向けた具体的なアクションの段階で二の足を踏んでいる企業に解決策を示すものだ。すべてのプロセスを一気に変えるのではなく、可能な部分からDevOpsを実現できることが理解いただける。DevOpsに着手はしたものの定着が進まない企業や、正しい導入で得られる具体的な効果を知りたい企業にはぜひ読んでいただきたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項

ブックマークした製品

ITベンダー

  • 製品の登録をお考えの方

    新規登録(無料)をする

ベンダーのログインはこちら