シフト・レフト(Shift Left) ― テスト工程の前倒しを実現させる3つのポイント

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
開発環境・言語・ツール ; テスト・デバッグ ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
シフト・レフト(Shift Left) ― テスト工程の前倒しを実現させる3つのポイント

シフト・レフト(Shift Left)
テスト工程の前倒しを実現させる
3つのポイント

開発プロジェクトを進めていく上で必ずと言っていいほど浮上する問題が、開発工程の遅れです。“シフト・レフト”とは、品質を損なうことなくテスト工程を前倒しすることによって開発全体の時間軸を左へ移すための仕組みです。

テスト工程は、アジャイルの登場でテストフレームワークによる自動化が進められてきました。近年ではCI(継続的インテグレーション)への関心も高まり、有用なツールも増えつつあります。

しかし、テストフレームワークを導入したもののすべてを使いこなせていない、Webアプリケーションが前提となったエンタープライズ用途での自動化が難しいなど、まだまだ限定的なテスト範囲で留まっているケースがほとんどではないでしょうか。

こうした課題に対してHPが提供している各種テストツール群は、テスト工程前倒しのために「3つのポイント」を明確化しています。たとえば1つ目のポイントは、より広範囲のテストを組み込れることです。これはJenkins連携プラグインによって可能になりました。また、テストに関係するシステムやサービス、そしてネットワークも仮想化することで、早い段階からのテストを可能にしています。

ほか2つのポイントについても本資料で明確にしています。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項