SecureSphere File Firewall

株式会社Imperva Japan

製品カテゴリ
ログ監視/管理 ; UTM・ファイアウォール ; IDS・IPS ; ID管理・認証・暗号 ; 
最多導入価格帯
個別見積
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
ファイル・データに対する監査および保護機能

内部者による機密ファイルデータの悪用やこれらのデータへの許可されていないアクセスを防ぎ、ファイルの完全性を維持するお手伝いをします。 SecureSphereは、アクセス活動を監視し、ユーザの定義したルールに従ってアラートを生成し、ビジネスポリシーに反するアクセスをブロックします。 一元管理、分析、レポート作成機能により、フォレンジック調査やセキュリティ関連インシデントへの対応を迅速に行えます。 本製品には、ファイル権限の監査に使用できるUser Rights Management for Files(URMF)が含まれています。

  • 特権ユーザやアプリケーションユーザによる機密ファイルへの全アクセスを監査
    ファイル・サーバのパフォーマンスや可用性に悪影響を与えることなく、ファイルに対するあらゆる操作をリアルタイムで継続的にモニタリングおよび監査します。  
  • 企業ポリシーに反するファイル・アクセス要求に対するアラートとブロック
    企業ポリシーに違反するアクセス活動をブロックまたはアラートすることにより、ファイルを保護します。管理者は、ポリシーに基づくブロック機能により、ACLレベルでのエラーを防止することができます。柔軟なポリシー・フレームワークにより、ファイルのメタデータ、組織の状況、アクセス活動、データ分類など多種多様な条件を考慮してポリシーを作成し、好ましくない挙動が観察された場合に対策をとることができます。 
  • 機密ファイルへの過剰なユーザ権限を特定し、完全な権限承認サイクルを実現
    企業ポリシに違反するアクセス活動をブロックまたはアラートすることにより、ファイルを保護します。管理者は、ポリシーに基づくブロック機能により、ACLレベルでのエラーを防止することができます。柔軟なポリシ^・フレームワークにより、ファイルのメタデータ、組織の状況、アクセス活動、データ分類など多種多様な条件を考慮してポリシを作成して、好ましくない挙動が観察された場合に対策をとることができます。  
  • 一元管理と高度な分析により、インシデント対応とフォレンジック調査の時間を短縮
    インタラクティブな画面上の監査分析では、ファイル・データに対する活動やユーザ権限をわずか数クリックで可視化することができます。セキュリティ、コンプライアンス、監査の担当者はこれらの分析を利用して、ファイルに対する活動やユーザ権限に関連する傾向、パターン、リスクを特定することができます。また、監査データをほぼリアルタイムで多次元表示することにより、フォレンジック調査を能率化し、セキュリティ・インシデントを素早く特定します。

価格情報(最小価格)
400万円~
価格情報(価格メニュー)
個別見積
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
AIX
HP-UX
Windows 2000 Server
Solaris
Windows Server 2008 / R2
Windows Server 2003 / R2
SUSE Linux
その他
サーバ側動作環境
使用データベース
SQL Server 2008
Oracle 11g
Oracle 10g
MySQL 5.x
その他
その他特記事項