ERP2(ERPスクエアード)

株式会社クライム

製品カテゴリ
プロジェクト管理・ワークフロー管理 ; ナレッジマネジメント・文書管理 ; 
最多導入価格帯
クライアント・ベース
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
データをSAPにアップロードする簡単なソリューション

 SAP®にアップロードするデータの大半は、Microsoft® ExcelスプレッドシートやMicrosoft Accessデータベースといったデジタル形式ですでに存在します。データをスプレッドシートやデータベースから移行するには、手動によるデータ入力か、ABAP開発担当チームが必要になります。

BackOffice Associatesには、簡単なソリューションがあります。従来の柔軟性に欠けるABAPアップロードプログラムを専用に構築するよりはるかに安価なコストでERP2を導入することによって、ExcelファイルやAccessファイルを直接SAPにアップロードできます。ABAPのプログラミングやテクニカル知識は必要ありません。Microsoft Officeアプリケーションをデータ管理プラットフォームとして使用しているので、別途トレーニングやソフトウェアを必要とせずに、データのアップロードの操作や準備を行うことができます。

ERP2(「ERPスクエアード」と読みます)は、ユーザーのワークステーションに直接インストールするデスクトップアプリケーションで、SAPシステムへのインストールやシステム変更は必要ありません。インストールプロセスは迅速で簡単です。また、わかりやすいインターフェイスで、数時間で操作を習得できます。ERP2を導入したクライアントの多くは、製品をインストールしたその日に、データのアップロードや固有のテンプレートの作成を行っています。

ERP2は、異なるSAPモジュール内のさまざまなアプリケーションに使用できます。一般的には、SAPデータの一括アップロード、SAPデータの一括メンテナンス、SAPデータの移行、およびSAPデータ入力自動化に使用できます。

SAPデータのアップロードが3つの簡単な手順で瞬時に実現
ExcelファイルやAccessファイルをSAPにアップロードするプロセスは、ほとんど経験のないエンドユーザーでも、簡単な3つの手順で迅速に処理できます。ユーザーは、ERP2内でトランザクションを実行して、その処理を記録します。記録処理が完了すると、アップロード可能なデータとしてExcelファイルやAccessファイルが自動的に作成されます。最後に、ERP2でデータをアップロードするファイルを選択します(プロセスで一番簡単な手順です)。

関連製品として、SAP®データの抽出とレポート作成ソリューション「Qubed(キュベッド)」があります。

価格情報(最小価格)
40万円~
価格情報(価格メニュー)
ワークステーション
対象業種
カスタマイズ
クライアント側OS
Windows
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項