EspressReport

株式会社クライム

製品カテゴリ
ERP・財務・会計・人事・給与 ; 顧客管理・営業支援 ; 販売管理・生産管理 ; 購買/生産/物流管理 ; BI(ビジネスインテリジェンス)・データ分析 ; プロジェクト管理・ワークフロー管理 ; ナレッジマネジメント・文書管理 ; 企業ポータル・メール・グループウェア ; 教育・eラーニング ; DB・ビューア・画面/帳票開発 ; 開発環境・言語・ツール ; Web関連ツール ; 
最多導入価格帯
サーバライセンスと開発キット ¥1,200,000(税込 ¥1,260,000)
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
EspressReportは、30種類以上のチャート・グラフを入れ込むことの出来る、5パターンのレポート・帳票形式に対応した、WebサイトやJavaアプリケーションに動的なBIレポート・帳票を展開する強力なツールです。Webテクノロジーに基づいてJavaアーキテクチャで構築されたEspressReportは、ユーザが対話形式でプログラム作成を進めていくだけで、簡単に希望のレポート(帳票)を作成できる極めてフレキシブルなツールです。

 

 

EspressReport(エスプレスレポート)は、開発者のみならずエンドユーザがアクセス可能なエンタープライズJavaレポート・ツールです。 Webテクノロジーに基づいてJavaアーキテクチャで構築されたEspressReportは、ユーザが対話形式でプログラム作成を進めていくだけで、簡単に希望のレポート(帳票)を作成できる極めてフレキシブルなツールです。 SQL ServerやOracle、DB2などの各種データベース、EJB、SOAP経由でデータを取り込み、動的にレポートを作成、LAN、インターネット経由で配信することが可能です。 EspressReportは、対話形式でレポート作成・編集が行える「レポートデザイナ」、Webブラウザ上でインタラクティブなレポート表示を実現する「レポートビューワ」、そしてシンプルで強力なオブジェクト・オリエンテッドAPIから構成されます。

 

●主な特長
・プレゼンテーションに最適
EspressReportはEspressChartを組み合わせて使用することができ、様々な方法の視覚的なデータプレゼンテーションを可能にします。レポート内のほとんどの要素がカスタマイズ可能なため、重要なデータのプレゼンテーションを自在にコントロールすることができます。

・多様な出力形式に対応
EspressReportは、HTMLページ、DHTMLシート、PDF、CSV、Excel、XML形式でレポート(帳票)を作成することができます。

・30以上の多彩なグラフ表示
EspressReportは、パワフルで多機能なチャート作成エンジンを持っていますので、様々な方法でレポートにデータの視覚的な表現を組み入れることが可能です。レポートのデータのどのような部分からでもチャートを作成することができます。

・Java BeansおよびSwingをフルサポート
ビジュアルカフェやJBuilder、Visual Age for Javaなどの各種開発環境に対応。100% pure Javaを使用していることにより、開発プラットフォームから実行プラットフォームへの移行もスムーズに行えます。

・フルレンジ・データ・アクセス
ユーザはデータベース、XMLファイル(XBRL, 流通BMS等)、EJB、Classファイル、SOAP、Webサービスからデータを取り出すことができます。

・データベースの更新に応じて、動的にWebページを更新
決められた時間間隔での自動更新やイベント発生時の自動更新、データを暗号化しての転送も可能です。

・ドリルダウンのパラメータ化
バックエンドで他のデータベースへのアクセスを可能にすることで、別の数値エレメントからのレポートに対してドリルダウンが可能です。

 ●活用例

・活用例1:スケジュールによるレポートの定期配信
EspressReportのスケジュールを使用すると、メールで定期的にレポートを配信したりサーバにレポートを配置することができます。
いつでもどこでもリアルタイムに、PCだけでなくiPhoneやiPadなどでもレポートを受け取ることができます。
レポートの配信スケジュールは時間単位の他、日次・月次などの細かい設定が可能です。

・活用例2:APIを使用したExcel/PDFレポートのダウンロードWebシステム
EspressReportのAPIを使用してHTML形式で出力したレポートページから、APIを使用して簡単にExcel形式やPDF形式でレポートを出力するようなWebシステムを作成することができます。
また、データ抽出に使用するSQLのWhere句をパラメータ化するパラメータクエリをEspressReportのテンプレートファイルに設定することで、例えばコンボボックスから選択した期間のデータのみを表示するようなことも可能です。

価格情報(最小価格)
120万円~
価格情報(価格メニュー)
オープン
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
Unix
Mac OS X
Linux
Windows
クライアント側動作環境
サーバ側OS
Windows NT
Mac OS X
Windows 2000 Server
Solaris
MIRACLE Linux
Windows Server 2008 / R2
Windows Server 2003 / R2
AIX
Red Hat Linux
HP-UX
Windows XP
SUSE Linux
その他
サーバ側動作環境
JDK 5.0 または 6.0 が必要(32bit,64bit)
※Open JDKもサポートしています。
使用データベース
PostgreSQL 8.x
SQL Server 2008
Oracle 11g
Oracle 10g
MySQL 5.x
その他
(その他:JDBC・ODBCをサポートするデータベース)
その他特記事項

活用例1:スケジュールによるレポートの定期配信
活用例2:APIを使用したExcel/PDFレポートのダウンロードWebシステム

資料ダウンロード