EspressReport ES

株式会社クライム

製品カテゴリ
ERP・財務・会計・人事・給与 ; 顧客管理・営業支援 ; 販売管理・生産管理 ; 購買/生産/物流管理 ; BI(ビジネスインテリジェンス)・データ分析 ; プロジェクト管理・ワークフロー管理 ; ナレッジマネジメント・文書管理 ; 企業ポータル・メール・グループウェア ; 教育・eラーニング ; Web関連ツール ; 
最多導入価格帯
お問合せ下さい
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
EspressReport ES(エスプレスレポートES)は情報共有や業務の効率化、BIツールとしての利用など、お客様の目的に合った機能を提供するレポート配信の統合管理ツールです。いつでも、どこでも、リアルタイムに情報共有が可能であり、プログラムレスでデータの見える化を実現できます。

EspressReport ES(エスプレスレポートES)は情報共有や業務の効率化、BIツールとしての利用など、
お客様の目的に合った機能を提供するレポート配信の統合管理ツールです。

・高速でカスタマイズ性の高いグラフ・レポート作成機能に加え、エンドーツーエンドのセキュリティにより、高い安全性を実現しています。
・DBやファイルからのデータ取得の際に専門的な知識は必要ありません。
ウィザードに沿って進めるだけでインストールからデータの設定、レポート作成、 ユーザや権限の管理などを簡単に行うことができます。
・EspressReport ESは、100%JavaでハードやOSに依存しないため、 サーバの追加などを行わなくても既存環境に構築することができます。

●主な機能

・エンタープライズサーバ機能
エンタープライズサーバだからこそできる中央集中型レポーティング開発と管理やダッシュボード、KPIアラーム、セキュリティ管理機能

・カスタマイズ性の高い豊富なチャート作成機能
豊富なチャートを様々なデータソースからチャートデザイナーやAPIを用いて動的に作成可能です。
※EspressReportESは、EspressChartの機能を全て含んでいます。

・レポート作成・配信機能
対話形式でレポート作成・編集が行える「レポートデザイナ」、Webブラウザ上でインタラクティブなレポート表示を実現する「レポートビューワ」、そしてシンプルで強力なAPIを利用できます。
※EspressReportESは、EspressReportの機能を全て含んでいます。

●活用例

・経営情報の見える化
-ビジネスインテリジェンスツールとして経営計画や企業戦略に情報を活用
通常、一からERPやBIツールにより情報を収集、活用するためには大変な手間とコストがかかります。
しかしEspressReportESなら様々なデータベースやファイル形式のデータを取得できるため、新たにデータベースなどを作成することなく情報の収集・蓄積が可能です。
また、すべてをGUIで操作できるので、プログラムやデータベースの専門知識がなくてもBIツールとしてグラフやチャート、ダッシュボードの作成が行えます。

・アラートによる迅速な危機対応
-パフォーマンス監視からクリティカルマスの把握まで
システムパフォーマンスの急激な低下や障害が発生した場合、この情報をリアルタイムにEspressReportESが取得し、KPIアラートが通知されます。KPIアラート機能ではE-mailでの通知やダッシュボードの強調表示、FTPへのデータのアップロードなどを行うことが可能です。
また、クリティカルマスや損益分岐点、急激な株価の変動などの経営、市場の変動に合わせてKPIアラートを通知をすることでスピーディな対応が求められるビジネスにも有効です。

・企業全体での情報共有
-各店舗や現場から経営者まで安全に情報を共有
EspressReportESはインストールをするだけでWebサーバとして稼働することができます。そのためWebブラウザ上での企業情報の共有や、レポートのPDFやエクセルでの取得、メールによる定期配信等を行えます。
またEspressReportESはエンドツーエンドのセキュリティ管理が可能です。各レポートやチャートなどの要素に対するセキュリティやユーザ/グループごとの権限管理が可能です。

・業務の効率化
-スケジュールによる自動的なレポート配信やテンプレートを使用したレポート作成
四半期ごとや毎月の売り上げなど定期的に必要となるレポートを毎回作成するのはたいへんな手間です。しかしEspressReportESなら、スケジュールに従い自動的にレポートや報告書を出力することが可能です。また一度作成したレポートはテンプレートとして保存でき、GUIからデータを適用するだけで形式の揃ったレポートを作成できます。もちろんレポート内のグラフにもデータが反映されます。

・営業でのアプローチに
-ノートパソコンやiPadなどのタブレットにレポートを表示し、説得力のある営業を
紙媒体などで大量の資料をお客様先へ持って出かけるのは大変です。また重要なデータを持ち歩くことはセキュリティ面においても好ましくありません。
EspressReportESなら実際にデータを持ち歩くことなくタブレットPCやノートPC、スマートフォンなどのモバイル端末から安全にアクセス可能です。さらにドリルダウンやサブレポート機能を活かして詳細な情報までお客様にプレゼンテーションできるため、お客様が本当に知りたい情報を即座に展開できます。

・サービスへの展開・管理
-様々なサービスに活用可能なマップ機能
EspressReportESは社内での情報共有やBIツールだけではなく、情報配信サービスとしてとしても展開可能です。
チャート、レポート機能を活用した情報の配信はもちろん、マップ(対応付け)機能も備えていますので、地図に対応した天気予報サービスや映画館・劇場の座席管理システムにもご活用いただけます。(GoogleMAPも利用可能)

価格情報(最小価格)
200万円~
価格情報(価格メニュー)
オープン
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
Unix
Mac OS X
Linux
Windows
その他
クライアント側動作環境
サーバ側OS
Windows NT
Mac OS X
Windows 2000 Server
Solaris
MIRACLE Linux
Windows Server 2008 / R2
Windows Server 2003 / R2
AIX
Red Hat Linux
HP-UX
Windows XP
SUSE Linux
その他
サーバ側動作環境
JDK 5.0 または 6.0 が必要(32bit,64bit)
※Open JDKもサポートしています。
使用データベース
PostgreSQL 8.x
SQL Server 2008
Oracle 11g
Oracle 10g
MySQL 5.x
その他
(その他:JDBC・ODBCをサポートするデータベース)
その他特記事項