米国NASAはAnsible Towerを活用してクラウドの効率向上を実現

レッドハット株式会社

製品カテゴリ
開発環境・言語・ツール ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
サービス
製品の概要
米国NASAはAnsible Towerを活用してクラウドの効率向上を実現

米国NASAはAnsible Towerを活用して

クラウドの効率向上を実現

 ITの最前線では、多くのサーバーを管理する必要性が生じている。システム管理者はセキュリティ脅威に目を光らせ、パッチ適用など安全で快適な運営に日々奔走している。また近年ではハードウェアベースのデータセンターからクラウドベースの環境へと移行する例も多く、場合によっては複雑化を招いてしまうケースも散見される。高度でより適切な管理が求められる潮流の中で、サーバー構成管理ツール「Ansible」が注目されている。

 Ansibleは多数のサーバーや複数のクラウドインフラを統一的に制御できる構成管理ツールとしては非常に有用ではあるが、実際にAnsibleを導入した現場では「管理権限が限定されて、属人化してしまっている」、「ジョブの実行結果を詳細に知りたい」、「Playbookが適用されているか即確認したい」などの機能を求める声も上がってきている。

 このような与件に対し、Ansible Towerは大別して「ジョブコントロール」、「権限管理」、「可視化」の3つの柱で構成される各種多彩な機能を提供する。ユーザはAnsible Tower経由でAnsibleを実行することで、スケジュール管理から精緻なユーザ権限管理よるチームでの分担作業を実現し、進捗やログはダッシュボードによってリアルタイムに一括管理・監査することで、時間と人員ロスの低減に貢献する。

 本資料は、短期間内でアプリケーションをクラウドベースの環境に移行後、運用管理に問題を抱えるNASAの事例を掲げ、その問題解決にAnsible Towerが果たした役割を実数値も含め解説する。Ansible導入の有無にかかわらず、IT運用の負荷を軽減したいユーザーにとっても参考となる内容となっている。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項