最新のセキュリティ脅威への対応に強み EDRによるエンドポイント・セキュリティ

ファイア・アイ株式会社

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
サービス
製品の概要
最新のセキュリティ脅威への対応に強み EDRによるエンドポイント・セキュリティ

最新のセキュリティ脅威への対応に強み
EDRによるエンドポイント・セキュリティ

 2017年5月に猛威をふるった「WannaCry(ワナクライ)」は、多数の国のさまざまな企業に対して甚大な被害を与えた。そこから得られる教訓のとおり、今や企業は日々進化する「未知」のセキュリティ脅威に対応する必要に迫られている。

 本資料は、そうした課題への対応策として、侵害の場となるエンドポイントのセキュリティ対策を見直す必要があると指摘。従来のアンチウイルス(パターンファイル型)に加えて、新しいアプローチであるEDR(Endpoint Detection and Response)との併用を推奨する。

[FireEye] マンガでわかるエンドポイント・セキュリティ~侵害は実環境で起こっている!~

 EDRは脅威の検知と対応に主眼が置かれ、標的型攻撃を含む最新のセキュリティ脅威への対応に強みがある。また、自社のシステムやネットワークを含めて平時の状態を把握しておくことで、効果的に脅威を検知、解析でき、統合型の脅威インテリジェンスを活用することで、攻撃者の「キル・チェーン」を把握したうえでの対応が可能になると説明している。

 資料後半の「マンガでわかる エンドポイント・セキュリティ」では、最新のセキュリティ脅威についてポイントを選んで解説。知識を得るだけでなく、自社のセキュリティ対策を見直す契機としても活用できる内容だ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項