分散カラム型DBと機械学習アルゴリズムがデータ分析現場に新風を巻き起こす

ヒューレット・パッカードエンタープライズ

製品カテゴリ
BI(ビジネスインテリジェンス)・データ分析 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
分散カラム型DBと機械学習アルゴリズムがデータ分析現場に新風を巻き起こす

分散カラム型DBと機械学習アルゴリズムが

データ分析現場に新風を巻き起こす

 テクノロジーの発展と普及によって経済活動の“デジタル化”は加速するばかり。今日もまた至る所で大量のデータが生み出されている。森羅万象とは言わずとも、様々な事象をデータで捉えられる環境が整ってきたことで、ビジネスには多大な可能性がもたらされるようになった。顧客のことをより詳しく知って心地よい体験を届ける、事後対応から事前対応へと事業スキームを抜本から切り替えるなど、これまでできなかったことを競争力へと昇華させるために欠かせないのが「アナリティクス」の力だ。

 多種多様で膨大なデータ群、いわゆるビッグデータからビジネス価値を見出すために企業は今、躍起になっている。データサイエンティストやデータアナリストなどが活躍する最先端の場で、しばしば問題となるのは、様々なアルゴリズムを適用しながら仮説検証を繰り返すスピード感や機動力を支えるのに最適なプラットフォームがなかなか見当たらないということだ。

 ここで紹介する資料は、前記の問題を解決するヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)の最新ソリューション「HPE Vertica Analytics Platform」が備える独自機能を詳細に解説したものだ。特筆すべきは「インデータベース機械学習」であり、元々の分散カラム型DBの特性とも相まって、大規模なデータセットに隠されたパターンを発見するのに必要となる一連の処理をすべてSQL関数の呼び出しによって高速かつ効率的にこなすことができる。

 「アナリティクスを競争力に」──。目下のデータ分析環境に悩みを抱えている人はもちろんのこと、金融や通信、マーケティングをはじめデータサイエンスが成長に直結するような業種・業務に携わる人にとって必読の内容となっている。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項