DC環境の激変に「適応」せよ――バックアップ/リカバリに「分析と予測」が必要な理由

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
DC環境の激変に「適応」せよ――バックアップ/リカバリに「分析と予測」が必要な理由

DC環境の激変に「適応」せよ

バックアップ/リカバリに「分析と予測」が必要な理由

 24時間365日稼働の中で、さまざまなシステム、データが常に変化を続けている「デジタルビジネス」時代のデータセンター。その運用管理を担うIT部門は、多様かつ膨大なデータの確実な保護だけでなく、厳格化するサービスレベル契約(SLA)の順守、当初の予算を超えて必要となるストレージリソースの確保、新たなセキュリティ脅威の管理といった課題もクリアしなくてはならない。

 これらの課題をすべて解決するのに、事前に定めた固定的な対応にとどまる従来型のバックアップ/リカバリのアプローチではもはや立ちゆかない。求められているのは、データセンター内で起こる変化を予測しながら、効率的なデータ保護/管理を可能にする“適応型”のアプローチである。

 日本ヒューレット・パッカードが提供する本文書では、今日の企業にとって競争優位の源泉となるシステムやデータを、データ分析に基づくリソース状況予測も含めた適応型のアプローチで保護することの重要さを説いている。そのうえで、同アプローチに基づいて設計された「HPE Adaptive Backup & Recoveryスイート」が、非構造化ファイル分析、自動ストレージ階層化、データ保護エンジン、レポート/運用分析ツールといった機能を用いて、システムやデータ保護にまつわる諸課題を解決するさまを詳しく解説している。データセンターで起こる時々刻々のめまぐるしい変化に対して、この製品が名称のとおり、「Adaptive=適応性がある」かどうか、皆さんの目で直接確認していただきたい。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項