ベンダー混在のハイブリッドクラウドでも一元的なビューを実現―個別管理にサヨナラする方法

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
ベンダー混在のハイブリッドクラウドでも一元的なビューを実現―個別管理にサヨナラする方法

ベンダー混在のハイブリッドクラウドでも
一元的なビューを実現

個別管理にサヨナラする方法

 情報システムの基盤やアプリケーションとして、パブリッククラウドを利用する企業が増えている。メリットを最大化すべく、オンプレミスからパブリッククラウドに全面移行する企業も現れている。

 また、導入タイミングや適材適所の考え方などによって、事業部門や業務システム別に、社内で異なるベンダーのパブリッククラウドの併用、あるいはパブリッククラウドとプライベートクラウドの併用といった、マルチベンダー環境でのクラウド利用もめずらしくなくなっている。

 ただし、マルチベンダー/ハイブリッドクラウド環境を運用する際に、IT部門が直面する課題がいくつかある。典型的には、複数のベンダーのクラウドサービスを組み合わせた状態では、「一元的な管理ビューがないので、全体のリソース使用量を正確に把握できない」「リソースを効率よく割り当てられない」「クラウドサービスごとのパフォーマンスの差が著しい」などの課題だ。

 では、上述の課題をクリアしながら、複数のクラウドを効率的に運用管理する方法はないのだろうか? その有力なソリューションとなりうるのが、「HPE Operations Bridge」というマルチベンダー/ハイブリッド環境向けの統合管理製品だ。AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウド型のIaaSだけでなく、自社で構築したプライベートクラウドも単一のインタフェースの下で管理できる。さらに、最近注目のDockerコンテナの管理機能まで備わっている。

 この文書では、HPE Operations Bridgeが備えるパブリッククラウド/ハイブリッドクラウドの管理機能について詳細に説明している。マルチベンダー、あるいはプライベートクラウドも含むハイブリッドクラウドの管理で苦労しているシステム管理者、パブリッククラウドやハイブリッドクラウドの新規利用を検討中の担当者は、これを読めば確かなヒントが得られるはずだ。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項