標的型攻撃、マルウェア侵入は防ぎきれない!不可欠となる「拡散防止」の発想と具体策

株式会社ネットワールド

製品カテゴリ
ネットワーク機器 ; UTM・ファイアウォール ; ウイルス/迷惑メール対策 ; 仮想化 ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
標的型攻撃、マルウェア侵入は防ぎきれない!不可欠となる「拡散防止」の発想と具体策

詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用 ~ネットワーク仮想化の基礎知識から、NSXの実装までを徹底解説!

書籍『詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用』プレゼントは、2015年5月末にご応募締切とさせていただきました。たくさんのご応募(ダウンロード)ありがとうございました。厳正なる抽選のうえ、当選者への発送をもって発表に代えさせていただきます。

― 標的型攻撃、マルウェア侵入は防ぎきれない ―

不可欠となる「拡散防止」の発想と具体策

情報漏洩など、サイバー攻撃によるセキュリティ事件は枚挙に暇がありません。ひとたび企業が事に巻き込まれたならば、社会的信用が大きく失墜することは周知のとおりです。セキュリティ対策は単なるITの問題ではなく、企業のリスクマネジメントとして確固たる体制の下で対峙すべきもの。昨今の状況を鑑みれば、基本的な発想すら転換すべき時期に差し掛かっていることを念頭に置かなければなりません。

こうした状況の中で登場したのが「拡散防止型」と呼ばれる方法です。

「サイバー攻撃の手口が巧妙化している」とは、よく言われること。“実利”追求に余念がない攻撃者たちは、時にネット上にコミュニティを形成して悪知恵を共有・ブラッシュアップし、執拗な攻撃を仕掛けてきます。

端的に言えば、「狙われたら最後、侵入を完璧に防ぐ手立てはない」と言っても過言ではない状況にあるのです。にもかかわらず、「いかに侵入を食い止めるか」ばかりに意識が向いている企業は少なくありません。

いま必要なのは“難攻不落の城壁を築く”ことではなく、侵入されることを甘受したうえで“外に出ることができない城壁を築く”(=被害を最小限に食い止める)という発想なのです。

とはいえ、企業のIT基盤はサーバー仮想化が進んで多種多様なクライアント機器がつながった結果、構成が複雑化。マルウェアの侵入検知やその猛威を抑止するのは容易ではありません。そこで注目されているのがVMware NSXによる「マイクロセグメンテーション」です。

マイクロセグメンテーションは、高いセキュリティレベルを保つことを目的に、文字通りエンドポイントごとにネットワークセグメントを細かく設ける方法です。

NSXは、従来の物理ネットワークでは難しかったこのマイクロセグメンテーションを実現し、セキュリティ対策に機動的に対応できる画期的なソリューションなのは間違いありません。

本資料の中に詳細が説明されているので、是非、ご一読ください。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
質量
CPU
メモリ
寸法
寸法(ユニット数)
U
対応レイヤ
ポート数
インターフェース
スループット
その他特記事項