クレジットカード業界周辺の課題を解決

パロアルトネットワークス合同会社

製品カテゴリ
UTM・ファイアウォール ; 
最多導入価格帯
:情報なし
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
クレジットカード業界周辺の課題を解決

~先を見据えたPCIコンプライアンス対応~

厳しすぎる業界標準への準拠をサポート

クレジットカード詐欺による被害は、グローバルで拡大しています。クレジットカードデータは、現金に換金する最も簡単な方法の1つとして認識されており、詐欺において絶好のターゲットになっています。

そこでクレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSS(ペイメントカード業界データセキュリティ基準)への対応が重要となってくるわけですが、実はそのPCI DSSへの対応が、一筋縄でいくものではなかったのです。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、国際的なカードブランドであるAmerican Express、Discover、JCB、MastarCard、VISAの5社が2004年12月に共同策定したクレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準です。

多くのハッカーやネット詐欺師らに狙われているペイメントデータですが、せっかく業界基準としてPCI DSSがあるのであれば、これに準拠することが最大の防御、そして近道に思えます。ところが、そう簡単にいかないのが実情のようです。

PCI DSSに影響されるのは、カード発行会社だけでなく、加盟店の契約会社や加盟店自身、サービスプロバイダー、さらには会員や機密認証のデータを扱う他の事業体までと多岐にわたっています。そして、それぞれがPCI DSSへの準拠を確立、維持、実証することになっています。

PCI DSSは他の業界からも参考にされるほど厳格なセキュリティ基準。準拠するにはおよそ300個にのぼる要件への対応を求められます。しかし、これでも、あくまで「最低限」の要件でしかありません。

最新版はPCI DSSv3.0(2013年)で、この数年の変化は反映されていません。つまり、PCI DSSへの対応は多大な労力が必要な一方で、準拠しても完璧な対策とはいえません。こうしたジレンマに多くの事業者が苦しんでいます。

この資料では、パロアルトネットワークスのセキュリティプラットフォームが、いかに効率的にPCI DSSへの対応をサポートしているか、そして、PCI DSSが今後加えていくであろう新たな要件も視野に入れつつ最低限に留まらないセキュアな体制をいかに構築できるのかを解説しています。

価格情報(最小価格)
万円~
価格情報(価格メニュー)
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
クライアント側動作環境
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項