SDL Trados Studio 2014 Professional

SDLジャパン株式会社

製品カテゴリ
プロジェクト管理・ワークフロー管理 ; ナレッジマネジメント・文書管理 ; 
最多導入価格帯
36万円(シングルユーザー)
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
プロジェクトマネージャ、レビュアー、翻訳者のための業界トップの翻訳メモリ ソフトウェア

 プロジェクトマネージャ、レビュアー、翻訳者のための
業界トップの翻訳メモリ ソフトウェア
SDL Trados Studio 2014 Professional

世界中20万人以上が使用する
一般企業および翻訳会社向けのコンピュータ支援翻訳環境

 

翻訳メモリソフトウェアとは、原文とともに翻訳した結果をデータベースとして蓄積、新たな翻訳プロジェクトが発生した際に、その登録した翻訳を共有・再利用するためのソフトウェアです。同じような文章が繰り返し発生するようなコンテンツの場合、すべての文章を一から訳し直す必要がなくなるため、翻訳作業を最大40%効率化することができます。

 

 

■翻訳の生産性向上

写真

容易な翻訳作業環境
原文と訳文とを横並びに表示して翻訳作業を進められるため、
それぞれの分節を確認しやすく、ショートカットキーを使って
簡単に編集や確定ができます。
 

原文の編集
原文のスペルミスや正しくスキャンされていない文字があった
場合でも翻訳環境で直接、原文を修正することが可能です。

・ 整合テクノロジ
過去に翻訳メモリを使用せずに行った翻訳がある場合、
その翻訳した文書から翻訳メモリを作成できます。
SDL Trados Studioがサポートするすべてのファイル
形式に使用できます。

Microsoft® Wordのスペルチェック機能
HunspellまたはMicrosoft® Wordの辞書を選択すると、
スペルチェック機能を活用できます。エラー箇所が
強調されるため、一目でエラー箇所がわかります。 

SDL Auto SuggestTM
入力時に翻訳候補が表示され、翻訳スピードが向上。
これによってキーを押す回数が減り、1日当たりの
翻訳作業量を増やせるようになります。

写真

QuickPlaceTM
タグ・数値・日付など、翻訳対象外のデータをすばやく
管理できます。これらのデータは、ショートカットキーで
簡単にコピーできます。

リアルタイムプレビュー
MS-Word、PowerPoint、 HTML、XMLファイルの翻訳中に、
レイアウトの確認ができます。

自動用語認識
用語集に存在する用語が原文にあると、原文の単語の上の
赤い線で示され、適切な訳語が右上に自動的に表示されます。

自動品質保証チェック機能
訳文文書のタグなどのファイル構造のチェックと、訳抜けなど
翻訳上の問題のチェック、用語のチェックを行います。

 

■レビュー作業の効率化

写真 変更履歴
訳文の変更箇所を強調表示して承認・拒否ができるため、
複数のユーザーによるレビューの場合でも、作業過程が明確で
進めやすくなります。 

Microsoft® Wordを使った外部レビュー
レビュアーはMicrosoft® Wordで変更履歴機能を使用して
翻訳を編集できます。その内容をSDL Trados Studioに
ファイルをインポートする際に取り込み、表示・確認も可能です。

 

■さまざまなファイル形式に対応
Microsoft® Office (Word, Excel, PowerPoint)やHTML、XML、
PDF、Adobe InDesign、FrameMakerなど100種類以上の
ファイル形式に対応しています。

 

■機械翻訳との連携
Google 翻訳やSDL Language Cloud 、東芝「The翻訳」などの
機械翻訳エンジンに接続できます。

 

 

お問い合わせ
SDLジャパン株式会社
メール: sales-jp@sdl.com
電話: 03-5773-1471 (平日 10:00~18:00)

価格情報(最小価格)
36万円~
価格情報(価格メニュー)
シングルユーザー:36万円/ライセンス
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
不可
クライアント側OS
Windows
クライアント側動作環境
OS: Windows Vista, Windows 7, Windows 8
CPU: 1GHz以上
RAM: 32bit-2GB、64bit-4GB
モニタ解像度: 1280x1024、256色以上
ディスク容量:最大2.5GB(インストール時)、2GB(起動時)
サーバ側OS
サーバ側動作環境
使用データベース
その他特記事項