内部4ポートの新製品8405を追加!12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社

製品カテゴリ
サーバー機器 ; ストレージ機器 ; 
最多導入価格帯
最大のストレージI/O処理能力とスループットに加え、消費電力と運用コスト削減も必要とする高密度サーバシステムに最適。
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ハードウェア
製品の概要
最大70万IOPSと6.6GB/秒のスループットにより最大のストレージI/Oパフォーマンスを提供するのに加え、消費電力と運用コスト削減も必要とする高密度サーバシステムに最適なRAIDアダプタ

内部4ポートの新製品8405が追加された 「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリはPMC最新の16x 12G RAID-on-Chip(Roc)を搭載、12Gb/秒SAS ポートとx8 PCIe Gen3 インターフェースの組み合わせにより、他の追随を許さない新世代のハイパフォーマンスを実現。更にLP/MD2 形状のアダプタ1枚でネイティブSAS/SATAポートが最大16個利用可能で、用途に合わせて内部と外部のポート数を選択できるため、データセンタで求められる高密度サーバにおけるストレージ構成に最大の柔軟性を提供する。

●新次元のパフォーマンス
8シリーズアダプタは、シーケンシャルリードで最大6.6GB/秒、シーケンシャルライト時で最大6.2GB/秒のパフォーマンスを発揮。16台のSSDを直接接続した場合に70万 IOPS 以上のパフォーマンスが提供可能。

●Adaptec maxCache Plus-キャッシング及びティアリングソリューション
8Qシリーズ製品は、キャッシングとティアリング機能の両方を提供する「maxCache Plus」が付属されており、サーバ環境内の任意、あるいはすべてストレージデバイスの階層化を柔軟に構築できる。最速メディアをキャッシュだけでなくストレージとして使用することで、最新の12Gb/秒SSDを最大限に活用。ストレージ資産のパフォーマンスと全体的な価値を最大化する。

●ゼロメインテナンスキャッシュプロテクション(ZMCP)
8シリーズでは第3世代のキャッシュプロテクションモジュールAFM-700(別売り)の組み合わせが可能。81605ZQではフラッシュバックアップ回路内蔵の第4世代のZMCPを同梱。

●システム構築の容易性
RAIDモードに加えて、HBAモード、シンプルボリュームモードもワンクリックでセットアップ可能。

●データセンタの高密度化に対応
1枚のアダプタで内部8ポートと外部8ポートの接続性を提供。他社製品では2枚必要なところを1枚で済むことから、システムのコスト削減に加えて高密度サーバ構成時のJBOD接続時にも最大の帯域幅をと接続性を提供する 。

 

 

価格情報(最小価格)
7万円~
価格情報(価格メニュー)
オープン価格(予想小売価格¥70,000~)
質量
筺体タイプ
OS
SUSE Linux
Red hat Linux
(その他:インボックスドライバで提供する充実のLinux及びOSSサポート)
CPU
PMC-Sierra 16x12G RAID-on-Chip(ROC)
メモリ
1024MB(キャッシュサイズ)
LANインターフェース
LANインターフェース(ポート数)
ポート
ディスク容量
RAIDタイプ
0、1、1E、5、6、10、50、60、Hybrid RAID 1,10
寸法
全製品ロープロファイルMD2(長さ167mm × 高さ64mm)
その他特記事項