ActiveImage Protector 3.5

株式会社ネットジャパン

製品カテゴリ
統合運用管理 ; 仮想化 ; 
最多導入価格帯
仮想環境ライセンス
導入企業規模
利用規模人数問わず
製品形態
ソフトウェア(パッケージ)
製品の概要
ActiveImage Protectorは、レガシーマシンから最新の仮想マシンまで様々な環境のサーバーを、先進のディスクイメージング技術でバックアップ/リカバリーできる、純国産のソフトウェアです。
イメージングバックアップソフトとしては初めて※バックアップ時の「重複排除圧縮機能」を追加し、従来製品に比べて保存先の消費容量を大幅に抑えることができます。
ActiveImage Protectorは、自社開発である強みを活かし、迅速なサポートの提供やカスタマイズニーズへの柔軟な対応が可能です。
※自社調べ

【主な特長】

■重複排除圧縮機能により保存容量を大幅に縮小
■ホット/コールドイメージングのバックアップ
■セクター単位の高速バックアップ、復元
■増分バックアップ、スケジュールバックアップに対応
■遠隔地にデータを保存できるため、災害対策が可能
■ベアメタル復旧(BMR)に対応
■ファイルやフォルダーを個別に復元可能
■物理マシン⇔仮想マシンの相互変換に対応
■復元時に仮想対応変換をおこなうA.I.R.機能
■ウィザード形式で、簡単操作。バックアップ作業のための専任エンジニアは不要
■純国産の自社開発製品。きめ細かく、安心できるサポート
■大手SEベンダーでOEM採用。官公庁や研究機関にも導入実績多数

 

【主なラインナップ】

<仮想環境向け>
●Virtual Edition
Server Edition、Desktop EditionとLinux Editionの3製品から構成されている製品。物理マシン1台に対して1ライセンス購入すれば、その物理マシン上で稼動する仮想OSの種類と数に制限なくインストールして、制限なく使える「仮想環境ライセンス」が適用されます。
●for Hyper-V with ReZoom
Hyper-V仮想環境に特化し、様々な機能を追加したバックアップソリューション。独自開発のReZoom機能により、ひとつのバックアップでHyper-V環境全てをバックアップしておけば、ホスト全体でも仮想マシン毎でもリストアが可能です。

<物理環境向け>
●Server Edition:Windowsサーバー向け。
●Linux Edition
ネットジャパンが長年培ってきた先進的なディスクイメージングバックアップの技術をLinux環境に提供した製品。ディスクイメージングによる簡単で確実なバックアップ/リストアをLinuxサーバー上でも実現しました。Linuxの多数のディストリビューションへの対応が特長です。
●Desktop Edition:Windowsクライアント向け。

<クラスタ環境向け>
●Cluster Edition
クラスター構成サーバーのためのEdition。クラスターボリュームが接続された環境でもエラーを起こすことなくバックアップ/リカバリーが行えます。「クラスター環境ライセンス」の採用により、廉価にて導入が可能です。

<ITプロフェッショナル向け>
●IT Pro Edition
サーバーにバックアップのプログラムやドライバーをインストールせず(ゼロ・インストール)、尚且つ稼動中のWindowsマシンを止めることなく、OSやアプリケーションを含めたボリューム全体をディスクイメージングで確実・高速にバックアップするソフトウェアです。

価格情報(最小価格)
16万円~
価格情報(価格メニュー)
Virtual Edition:198,000円 for Hyper-V with ReZoom:180,000円 Server Edition:166,200円 Linux Edition:145,000円 Cluster Edition:198,000円 IT Pro Edition:500,000円 Desktop Edition:10,200円
対象業種
陸運・海運・空輸業
金融関係
サービス全般
商社・流通業
学校・教育関係
公共機関
小売業
通信・IT関係
医療・病院関係
第一次産業
建設・不動産業
製造業
その他
カスタマイズ
クライアント側OS
Windows
クライアント側動作環境
・メモリ(RAM):768MB(1024MB推奨)、Windows 2000とWindows PE2005は512MB
・ハードディスク:50MBの空き容量
・CD-ROMドライブ:復元環境の起動に必要
サーバ側OS
Red Hat Linux
Windows 2000 Server
Windows XP
Windows Server 2008 / R2
Windows Server 2003 / R2
その他
(その他:Windows Server 2012、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows 2000 Professional)
サーバ側動作環境
・メモリ(RAM):768MB(1024MB推奨)、Windows 2000とWindows PE2005は512MB
・ハードディスク:50MBの空き容量
・CD-ROMドライブ:復元環境の起動に必要
使用データベース
その他特記事項
<対応ハイパーバイザー>
Windows Server 2008 R2 Hyper-V(ホット&コールドイメージング)
VMware vSphere ESX[i] 3.5 / 4.0 / 4.1 / 5.0 / 5.1 (コールドイメージング)